アレルギーの症状は主に痒みや鼻水、くしゃみなどがありますが、どのアレルギーも症状が似ています。また、アレルギーを起こして一番怖いのがアナフィラキシーです。アナフィラキシーにより倒れてしまうこともあるので十分注意しましょう。

山芋アレルギーの治療法

アレルギー症状を引き起こす食べ物には様々な種類がありますが、最近増加傾向にあるといわれているのが山芋によるアレルギー症状です。代表的症状としては、山芋が付着した部位に赤みや痒みが生じることがあげられます。そのほかにも皮膚的症状としては湿疹や蕁麻疹が生じたり、消化器官的症状として吐き気や胃痛、下痢などがあります。稀にアナフィラキシー症状を引き起こして劇症化することもあります。アレルギーの原因となる物質はアセチルコリンであり、様々な食べ物に含まれますが、特に山芋に多く含まれるためアレルギーが生じやすいと考えられています。アセチルコリンは神経伝達物質のひとつであり、食べ物のアクに含まれる物質です。そのため擂った山芋のとろろなど、生の状態で食べることが多いこともアレルギーが発症しやすくなる原因のひとつです。対策としては、アレルギー反応が出た場合には食べるのを避けることが一番無難ですが、軽い症状の場合には、アク抜きをしたり、加熱処理や加工処理を施すことなどでも発症しにくくすることができます。山芋を直接使用した料理ならわかりやすいですが、山芋は非常に多くの食品に加工されて含まれており、一見したところではわかりません。代表的なものとしてはお好み焼きの生地や蕎麦、和菓子などがあります。強いアレルギー症状が出たことのある場合には、原材料をしっかりとチェックしていくことが重要となります。軽い症状ならば安静にしていれば治りますが、強く出ている場合には皮膚の症状は皮膚科に、消化器官や呼吸困難などの場合には内科、消化器科、呼吸器科の専門医に受診する必要があります。特に喘息患者は症状が悪化することがあるため注意が必要です。