アレルギーの症状は主に痒みや鼻水、くしゃみなどがありますが、どのアレルギーも症状が似ています。また、アレルギーを起こして一番怖いのがアナフィラキシーです。アナフィラキシーにより倒れてしまうこともあるので十分注意しましょう。

学童児のアレルギーに用いられる第3世代薬ってある?

学童児のように授業やテストを受けなければならない子どもたちには眠気の少ない抗ヒスタミン剤が投与されるのですが、従来の抗ヒスタミン剤は眠気が強く、集中力の欠如などの副作用もあったので慎重に服用する必要がありましたが、第三世代の抗ヒスタミン剤は眠気などに関係する神経などに作用しないので、学生や車の運転をするドライバーなどに投与されることが多いのですが、アレルギーの症状によっては効果が見られない場合もあるので、全てにおいて第三世代の抗ヒスタミン剤を用いることはできません。一般的には第二世代の抗ヒスタミン剤が処方されることが多くなっていて、眠気などもほとんど見られないのですが、4割程度の人が多少の眠気などを感じるとされているので、テストを受ける場合には新しいタイプの抗ヒスタミン剤が投与されることが多くなっています。アレルギー剤で市販されているものもありますが、眠気が非常に強いので慎重に服用することが重要ですが、毎日服用していると副作用が起きにくくなるので、眠気を感じることもなくなります。新しいタイプの抗ヒスタミン剤は喘息などの症状も緩和することができるので、様々なアレルギー症状に適用されていて、食物アレルギーだけでなく、花粉症による諸症状を改善するためにも処方されています。日本においては第二世代の抗ヒスタミン剤の中でも眠気が少ない薬のことを第3世代薬と呼んでいるので、医療機関で眠気の少ない薬を望んだ場合に処方されるのが第3世代薬となっています。理論的には眠気を感じることはないとされている薬ですが、アレルギー薬に対して眠くなるというイメージを持っていると眠気の副作用が出るとされていて、臨床試験などでも多くの患者が眠気を感じたとされています。