アレルギーの症状は主に痒みや鼻水、くしゃみなどがありますが、どのアレルギーも症状が似ています。また、アレルギーを起こして一番怖いのがアナフィラキシーです。アナフィラキシーにより倒れてしまうこともあるので十分注意しましょう。

季節性アレルギーには何を摂取したらいいの?

季節性アレルギーとは特定に時期に飛散する花粉がアレルゲンです。季節性アレルギーによる鼻水やくしゃみなどを軽減するためには、栄養バランスの整った食事を心がけて症状を和らげる食品を摂取することが大切ですヨーグルトは腸内環境を整える効果があります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすため、腸の粘膜は回復します。特に花粉症の原因であるIgE抗体の活動を阻害するので、アレルギー症状に有効です。花粉が飛ぶ少し前からヨーグルトを食べます。まやレンコンも効果的で、タンニンという成分が止血や消炎作用を持っています。またレンコンのビタミンCと粘り気を作るムチンには、粘膜を健康な状態に保つ働きがあります。抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富で、レンコンのネバネバした汁を鼻の粘膜に直接塗るという民間療法もあります。トマトの果肉には「ナリンゲニンカルコン」という抗酸化作用や炎症の鎮静作用のある成分が含まれています。ただしトマトケチャップやトマトジュースは果肉を剥く処理を行うため、この成分が覗かれ季節性アレルギーに効果があります。また季節性アレルギーの人は特定の果物や野菜を食べて引き起こされる口腔内アレルギーを持っていることがあるので、人によってはトマトを食べない方が良いこともあります。さらに日本人には馴染み深い緑茶も有効です。緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれています。カテキンはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが大量に分泌されると、それに反応する肥満細胞の働きを抑制します。また皮膚や粘膜を保護する効果があり、薬のような副作用がないので季節性アレルギーの予防法として人気です。