アレルギーの症状は主に痒みや鼻水、くしゃみなどがありますが、どのアレルギーも症状が似ています。また、アレルギーを起こして一番怖いのがアナフィラキシーです。アナフィラキシーにより倒れてしまうこともあるので十分注意しましょう。

アレルギーの共通症状

体内に侵入したアレルギーを引き起こす原因物質、アレルゲンに対して、免疫機能が過剰に働いてしまうことで発症するのがアレルギーの症状です。アレルゲンになり得る原因物質には様々なものがあり、花粉症を引き起こす植物の花粉や、特定の食物、また動物の体毛や金属などが挙げられます。アレルギーによって引き起こされる症状は様々で、どの症状が、どの程度の強さで出てくるかには個人差があります。最も重篤な症状としてはアナフィラキシーショックが挙げられます。これは急な血圧低下を伴う意識の消失や呼吸困難、全身のけいれんが出てくるもので、処置が遅れると命にかかわることもある症状です。ただしこれは全てのアレルギーに対して出てくる症状と言うわけではなく、主として食物アレルギーの際に出やすい症状のひとつです。全てのアレルギーに共通して出てくる症状としては、まずはくしゃみ、鼻水、鼻づまりを代表的な症状とするアレルギー性鼻炎が挙げられます。これは、体の中の抗体とアレルゲンが結合することで引き起こされる症状で、アレルゲンを体外から排出しようと体の免疫機能が働くために発生します。風邪でもないのにこうした症状が出るとか、特定の食べ物を摂取するとこうした症状が見られると言う場合には、一度、病院で検査を受けてみた方が安心です。それからこの症状に併発する形で、目の痒みも共通症状としては挙げることができます。涙目や充血、瞼の腫れなどもここには含まれます。そして咳や息切れ、『ゼイゼイ』とか『ヒューヒュー』と言う具合に喉が鳴る喘鳴などの喘息症状です。どのアレルゲンでも引き起こされる症状ですが、特に夜間と朝に出てくることが多く、そして比較的、子供に多く見られる症状です。

アレルギーに伴うアナフィラキシーとは

アナフィラキシーとはアレルギーの原因であるアレルゲンを食べたり吸い込んだりすることで、非常に短時間に全身のアレルギー症状を引き起こすことです。血圧も低下や意識障害、場合によっては命の危機となるアナフィラキシーショックに陥ります。その他にもアレルゲンに触れて蕁麻疹や痒みなどの皮膚症状や、咳や息苦しさなどの呼吸器症状、唇が腫れる粘膜症状など複数の症状が同時に現れた時にアナフィラキシーの可能性が高いです。日頃からアレルゲンを避けていても、食物アレルギーでは謝って口に入れることがあります。症状が軽い場合は皮膚に対して抗ヒスタミン薬、呼吸器には気管支拡張薬を使います。症状が重くなるにつれて、傾向副腎皮質ステロイド薬といった内服薬の頻度が増えます。ショック状態に陥っていたり、呼吸器系に強い症状が出たりする人には、アドレナリン自己注射薬を用います。生活をしていて周囲の人がアナフィラキシーの症状を訴えたら、食べ物がアレルゲンの時は口の中に残っているものを水でゆすいで除去します。もし体に付着していたり手で触った形跡がある時は、その部分も水洗いします。アナフィラキシーは蜂に刺されたことでも起こりやすく、毒針が残っていても無理に取り出さないようにします。毒を出すためにつまむと毒針や毒そのものが体内に押し込まれる恐れがあるためです。すぐに医療機関に連れて行き、医師に適切な処置をしてもらいます。アドレナリン自己注射薬は、基本的にはアレルギーを持つ本人が使う物ですが、場合によっては周囲の人が人命救助のために使います。太もも前外側に注射します。注射はショック状態を一時的に緩和させるだけなので、すぐに救急車を呼びます。

アレルギー症状を起こすアレルゲン

アレルギーは免疫機能の不全によって引き起こされる症状です。通常であれば一切、体に対して病原性がない物に対して、体が勝手に抗体を作り出してしまい、その抗体と原因の物質が結合することで、様々な症状が発現します。この病原性がないにもかかわらず、アレルギーを引き起こしうる原因物質がアレルゲンです。アレルゲンには実に様々な種類があり、その数だけアレルギーが存在しているとも言えます。代表的なものとしては花粉が挙げられ、このアレルゲンによって引き起こされるのが花粉症です。くしゃみや鼻水、鼻づまりと言ったアレルギー性鼻炎の症状が出てくることが多く、それに併発して涙目、目の痒みなどが出てくることもあります。花粉は、それが舞っている季節には知らず知らずの内に吸引してしまうことがほとんどです。そのため吸入性のアレルゲンとして分類することができます。他にも動物の体毛やダニ、ハウスダストなどもこの吸入性のアレルゲンに該当します。吸入性のものに関しては、とにかくそれを吸引しないようマスクなどを着用する、またそれらを除去するように努めることが必要です。これに対して食べ物アレルギーを引き起こす食べ物、また金属、漆、ゴムなどは接触性と分類されることもあります。この中でも食べ物をアレルゲンとする食べ物アレルギーの場合には、アナフィラキシーショックが症状として引き起こされる可能性もあります。これはアレルギー症状の中でも、最も重篤な症状であり、命の危険に直結することもある症状です。そして実はこのアナフィラキシーは、蜂の毒や注射や内服による薬剤をアレルゲンとした場合にも起こり得る症状です。何が自分にとってのアレルゲンになるかは、病院で調べてもらえばある程度は明らかになります。それを知っておかない、ある日、突然、アレルギーが発症すると言うこともありますから、調べておくと安心です。
■アレルギー症状を抑える薬です
ジルテック
■アレルギーの薬は通販で購入
抗アレルギー薬
■アレルギーの原因となるヒスタミンをブロック
ザイザル